moyasiエフェクト館

主にエフェクト関係の記事を上げていこうかと思います。


エフェクトに関係する記事上げてきます
エフェクト関係の記事の内容は緩く募集中
自分がわかる範囲であれば書いていこうかなと。

このブログについて

ブログの名前の通り、エフェクトに関係することを上げていこうかと思います

自分がわかる範囲で、エフェクトに関係することであれば何でもいいかな?とは

エフェクト自体の作り方は勿論の事

エフェクトの再生手段や、エフェクトに使うテクスチャ等

 

エフェクト素材の配布も始めました

(http://tktknkyo.hatenadiary.jp/entry/2017/12/31/095520)

 

 

なお、情報はTwitter(moyasi@エフェクト垢 (@torisutamoyasi) | Twitter)

でも出していたりするので、興味のある方は是非

Twitterではmoyasiという名前になっていますので、tktkでもmoyasiでもどちらでも呼びやすい方で

 

また、Discordにて「エフェクト交流所」というサーバーというのも作りました

ここは、エフェクトを作ろうとしているor作っている人同士で

相談したり、情報の共有したりするのを目的としております。

discord.gg

 

【Niagara】Niagara Parameter Collection Instanceの適用方法

f:id:tktknkyo:20181014103013p:plain

Verは4.20.3です

 

以前解らなかったNiagara Parameter Collection Instanceの適用法が解ったのでメモ代わりに書いておきます。

マテリアルインスタンスNiagara Parameter Collection版みたいなものです。

ただし、マテリアルと違い、適用する部分が違うのでマテリアルインスタンスのように扱うことができません。

長いので、NPCI(インスタンス)、NPCと略称します。

 

tktknkyo.hatenadiary.jp

NPC自体の機能については、こちらをご確認ください。

 

NPCIの作り方

 

f:id:tktknkyo:20181014103413p:plain

NPCのアセットの右クリックからのメニューで出てくる、これを選択すると、選択したNPCを元にNPCIが生成されます。

 

f:id:tktknkyo:20181014103518p:plain

 

NPCIを開くとこんな感じになっています、上にあるのが、元になっているNPCアセット

下にある項目は、NPCが持っているパラメータです。

左側のチェックを入れると、この数値を変更することができます。

 

NPCIの適用方法

 

まずは、元になっているNPCファイルを、エミッターやシステムに登録していきます。

 

f:id:tktknkyo:20181014104022p:plain

 

このように、D&Dで適用します(ここにはNPCIは入りません)

 

f:id:tktknkyo:20181014104221p:plain

 

NPCIを登録する場所は、SystemDetailsのSytem→Parameter Collection Overridsの部分に登録します。

 

ここにNPCIを登録して、NPCIアセットから数値を変更すると、NPCの数値から上書きされて設定されます。

これにより、調整用の汎用的なパラメータをNPCで作った場合、エフェクト毎に個別のNPCIアセットで調整できるようにすれば、システムを触ることなく調整する事もできるので、エフェクト自体は作れない人が微調整したりするのは、非常に使いやすくなると思います。

 

 

 

【UE4】【Niagara】Niagara Dynamic Input Script使ってみる

f:id:tktknkyo:20180916132952p:plain

Verは4.20.2です

 

今回はNiagara Dynamic Input Scriptに付いて。

名前が長いので、以下NDと省略します。

 

tktknkyo.hatenadiary.jp

かなり基本的な部分は、この記事で紹介しているので、まだの方はこちらも参考にしてください。

今回の記事では、具体的にどうやって使っていくか?の所を。

 

f:id:tktknkyo:20180916133501p:plain

NDファイルは、このような基本的な数値を設定するモジュールに対して

 

f:id:tktknkyo:20180916133554p:plain

このように、XとYが分かれているのを引っ付けたりできます。

 

f:id:tktknkyo:20180916133648p:plain

NDファイルの中身の構造はこちら、デフォルトは1が出てくるようになっており。

その数値をXとYに同じ数値を代入して、そのままOutputに繋がっています。

 

f:id:tktknkyo:20180916134441p:plain

左上辺の、Output Parameterという項目に、出力にあるVec2の情報が入っています。

ここまでは、おおよそ以前の記事の内容と大体似てる部分だと思います。

 

【NDで計算式を追加する】

f:id:tktknkyo:20180916134637p:plain

f:id:tktknkyo:20180916134656p:plain

f:id:tktknkyo:20180916134714p:plain

f:id:tktknkyo:20180916134738p:plain

便利なのは、Inputを複数持て、このような四則演算用のNDがデフォルトで既に入っています。

システムに追加したりして、エミッターで設定している数値を直接いじるのではなく、ちょっと調整したい場合に非常に便利です。

乗算ことMultplyは中でも特に使う機会が多くなると思います。

 

また、NDにNDを追加することが可能です。

f:id:tktknkyo:20180916135316p:plain

具体例としては、こちらを参考に。

四則演算系の場合、Inputが二つできるのですが、そのInputに対してもNDを追加することが出来ます。

 

例えばNDの乗算を追加して、A*Bに

このAに加算を追加するとA(A+B)*B

となります、この中の()は、更に細かく設定していく事も可能です。

複雑にする事もできるのですが、その場合はNDファイル自体を追加することも検討に入れたほうが、数値的にややこしく成りにくいと思います。

 

 

【Parameterと連動させる】

 NDと直接関係では無いかも知れませんが、色々思考中に便利だなと思った使い方を。

まず、他のモジュールでSizeを設定している場合、もう一つSize設定用のモジュールを作ります。

f:id:tktknkyo:20180916140958p:plain

 

f:id:tktknkyo:20180916141138p:plain

既に設定されている場合、Parameterに格納されているので、それをドラッグ&ドラッグで入れ込みます。

そうすると、このBの数値がそのまま放出されるparticleの大きさの割合を設定する事ができるようになります。

このままの例の場合、用途としては、後で調整したい場合に、調整する場所を解りやすくする事の他

エミッター側で設定した数値を、システム側で個別に調整したりする場合等に用途がありますが、重要なのは、他のパラメータでも自由に設定出来る事です。

 

f:id:tktknkyo:20180916141857p:plain

例えばこのように設定すると、放出されるparticleのサイズが、放出される生存時間が長いものほど大きいものが放出されるようになります。

 

SizeはVector2で、LifetimeはFloatですが

NDは、Vector2をFloatに変換する事も可能なので、このような、型の違うものを混ぜ合わせる事が可能です。

 

この機能を使うことで、一つの数値に入っている乱数を使いまわすことも可能です、生存時間によって、サイズだけでなく、放出位置や、角度など、非常に多数のものを設定する事ができます。

 

 

NDファイルそのものの製作などは、またいずれ書こうかなと思います。

それでは今回はここまでで。

【UE4】【Niagara】ナイアガラエミッターの流用などについて

f:id:tktknkyo:20180909093327p:plain

今回はNiagaraEmitterについて

Verは4.20.2です

 

【エミッターの数値の連動について】

 

基本的にはカスケードにあったエミッターと同じ感覚で良いのですが。

カスケードと違い、エミッターというアセットが別途保存出来たりするので、それによって変わってくる部分もあるので、主にそこについてです。

 

カスケードのエミッターも、他のカスケードのデータにエミッターのコピーする事は可能です、ただしこれは単純なコピー&ペーストになります。

 

一方、ナイアガラのエミッターの場合、エミッターのアセットと連動するような動きになります、イメージとしてはマテリアルと、マテリアルインスタンスと近いものだと思います。

エミッターのアセット自体がマテリアルなら

システムに登録してあるエミッターは、マテリアルインスタンスと近い関係性を持ちます。

 

f:id:tktknkyo:20180909094509p:plain

例として、例えばこの大きさを変更するモジュールが登録されていた場合。

エミッター側で1と設定して、システムにエミッターを登録するとそのまま1がデフォルトとなりますが。

この登録された状態で、エミッター側のデフォルトを5などに設定すると、システム側の自動で差し替えられます。

 

ただし、エミッター側で1に設定して、システムに登録した後に

システム側で1.5などに変更した後に、エミッター側で5などに変更した場合は、システム側は1.5のままになります。

 

その場合はシステムに登録してあるエミッターには、緑の矢印が付きます。

f:id:tktknkyo:20180909095026p:plain

この矢印をクリックすると、その段階で、エミッターに登録されている数値で上書きします。

 

システム側で数値を調整していればいいのですが、エミッターの数値をそのまま入れている場合、エミッターの数値を変更すると、システム側も数値が書き変わったりするので注意を。

 

とはいえ、エミッターのデフォルト設定は、システムに登録した際のデフォルトとなるので、最初作るときに、汎用性の高い数値を設定しておくと、その後の作業が楽になります。

 

【システム内で出来る事】

 

エミッターの数値の変更等は、大体はシステムに登録した状態でもできるのですが、いくつか出来ないことなどもあるので、その辺について。

 

大きいのは、モジュールの追加はできますが、削除は出来ません。

ただし、システムで新規追加したモジュールであれば削除はできます。

 

f:id:tktknkyo:20180909100529p:plain

なので、エミッター自体にあまりモジュールを追加しすぎると、見にくくなってしまうので注意です。

また、モジュールの削除はできなくても、処理をしない処理にはできるので(ゴミ箱の横のチェックを外す)単純に見にくくなるだけなので、あまり深く考えすぎなくてもいいかなとも思います。

 

また、エミッターにモジュールを追加した場合、そのエミッターが使われているシステムがあれば、システム側のエミッターにも、追加したモジュールが増えるので。

既にシステムに入れてあるエミッターにモジュールを追加する場合、デフォルトでは描画をしないようにしましょう。

 

ナイアガラの、エミッターが別々のアセットとして保存される形式は、カスケードと比べると、自分で作った動きを簡単に複製しやすいので、新しいエフェクトを作る際の手間が減る、というメリットが大きいですが。

その反面として、エミッターのアセットが増えすぎるとややこしくなる、というデメリットも当然あるので、エミッターは汎用性を持たせたデータ作りを意識すると良いのかなと思います。

 

ある程度触った個人的な感想として、エミッター上ではある程度大雑把な動きを作っておき、システム側で微調整する前提で作ったほうが、使い勝手の良いデータになると思います。

 

【まとめ】

ナイアガラのエミッターの仕様は、管理しやすいとも、しにくいとも取れる構成なので、管理しやすいデータ作りを。

【UE4】【Niagara】NiagaraParameterCollection(NPC)でエフェクト全体の調整用パラメータを作る

f:id:tktknkyo:20180819065753p:plain

今回は、NiagaraParameterCollection(NPC)の使い方の一つを

タイトルにあるように、NPCを使って、エフェクト全体の調整用パラメータを一つつくろうと思います。

 

今回は、単純にパーティクル其々の寿命を一括で調整できるパラメータをつくろうと思います。

 

まずは、確認用のシステム、エミッター、モジュール、そしてNPCのアセットを作ります。

 

f:id:tktknkyo:20180819071118p:plain

 

まずはNPCの設定

今回は試すだけなので、名前は何でもいいので、NPCを開いて、新しいパラメータを一つ作ります。

f:id:tktknkyo:20180819071250p:plain

NPCの最初の設定は、これだけでOKです。

 

次にモジュール

モジュールを開き、MapGetに、設定用のモジュール二つを、SetにはParticle.Lifetimeを入れます。

 

f:id:tktknkyo:20180819072237p:plain

 

その後、Multply(乗算)で繋ぎます、モジュール側の設定はこれで終了です。

f:id:tktknkyo:20180819072352p:plain

 

 

 

 

次はエミッター側の設定です

ParticleSpawnに、先ほど作ったモジュールを追加します(自分でつけた名前で検索してください)

f:id:tktknkyo:20180819072018p:plain

 

追加したモジュールに、LifeTimeと、LifeTimeScale(この二つは設定した名前です)という部分に、数値が入るようになっていれば大丈夫です。

f:id:tktknkyo:20180819072458p:plain

 

ここに入れた数字同士が乗算された数字が、Lifetime(パーティクルの寿命)に設定されます。

両方1に設定しておくと、解りやすいと思います。

 

次に、NPCを実際に入れていきます

まず、Parameterというウインドウを出します(デフォルトだと最初からは恐らく出ていなかったと思います)

f:id:tktknkyo:20180819072726p:plain

 

ここから、追加したNPCを登録します。

f:id:tktknkyo:20180819072835p:plain

 

追加したら、この情報を、ドラッグして差し替えます。

f:id:tktknkyo:20180819073005p:plain

 

このように登録されていればOKです。

f:id:tktknkyo:20180819073027p:plain

 

ここまですれば、設定したNPCファイルの数値を動かすと、このエミッターの寿命が延びたり縮んだりしていると思います。

 

 

実際に組み込んだ様子がこちら。

 

調整として使いやすいポイントとして、エミッター毎固定ではなく、システム毎に適用するデータを差し替える事が出来る点です。

 

エミッター自体の情報を差し替える必要がなく、システム側で変えることができるので、別のシステムで使うようのエミッターを流用していく事も可能です。

エミッター自体にNPCデータを入れている場合でも、システム側でほかのデータに差し替える等も可能です。

HoudiniのHDAのような、いくつかのパラメータを変えるだけで簡単に調整出来る仕様というのも、段々出来ていくのかなと思います。

 

【UE4】【Niagara】動かし方の考え方や、モジュールを弄ってみる

Niagaraで、実際に数値をあれこれして部分を、自分で調べたり試した部分を書いていきたいと思います。

 

既存のモジュールを使うのみであれば、カスケードと変わらないとは思いますが

既存のモジュールでは数値の持ち方的に使いにくい!などの場合

カスケードとは違い、非常に簡単にモジュールの中身を弄ってあげる事が出来ます。

ただし、既存モジュールのデータそのものを変えないように、上書き保存はしないように注意してください。

 

まずは、基本的な動かし方から

f:id:tktknkyo:20180817145807p:plain

 

単純に色を変えるだけであれば、ParticleSpawnに、Colorのモジュールを追加して

このようにRを100に変更すれば。

f:id:tktknkyo:20180817145912p:plain

エミッシブカラーにより、この様に発光する表現となります。

 

ここで、このColorモジュールの中身はというと

 

f:id:tktknkyo:20180817150152p:plain

見にくいかもしれませんが

赤で囲った部分が、InputとOutput

黄色がGetとSet

紫が加工している部分

 

BP触った人であれば大体把握できそうな内容ではあると思います。

 

f:id:tktknkyo:20180817150627p:plain

 

モジュールの新規作成をすると出てくる、この繋ぎ方が基本になってくると思います。

Inputから、GetとSetに繋ぎ

Setの出力をOutputに。

 

次は、ColorモジュールのGetとSetに入っている内容について。

 

f:id:tktknkyo:20180817150856p:plain

Getの中身はこのようになっています、上から

Module.Color

Module.Scale Color

Module.Scale Alpha

この三つになっています、一番重要なのは、頭に「Module.」と付いていることです。

Niagaraは、この最初の部分はしっかりした命名規則があります。

具体的には、「Module.Color」を「Color」に名前を変えてしまうと動かなくなります。

自分は最初これやらかしました...

 

この頭の「Module.」は、エミッター側で入力した数値を受け取る処理となります。

つまりこのモジュールの場合

「Color」「ScaleColor」「ScaleAlpha」

この三つをエミッターで入力できるように作られているわけです。

f:id:tktknkyo:20180817151647p:plain

実際にエミッターを見てみると、同じ名前のパラメータがあると思います。

 

一方、Setの方はこちら

f:id:tktknkyo:20180817151824p:plain

 

Particles.Color

が一つだけ存在します。

こちらは、基本的に名前は変えないほうが無難です、この状態で、1文字でも変えると機能しなくなります。

「Particles」は、受け取った数値を、実際に動かす処理となります。

基本的にはSetに入れることになります

その後のColorは、言うまでもなく、色を変更するという処理となります。

なので、これは受け取った数値を、色に適用する、という意味合いとなります。

 

「Particles」系は、実際に動かすのでSetに入れるのが基本になると思いますが

Getに入れることも可能です。

Getに入れる場合の目的としては、現在入っている数値を取得する、というものです。

具体的にColorで示す場合

f:id:tktknkyo:20180817152458p:plain

このように設定したと仮定する場合

GetにあるColorで、例えばRが100の場合

Setにある、動きを示すVelocityに繋いだ場合

Rの100の数値を移動量のXに変換するので、Rが100の光っている赤の場合、上に動く処理となります。

 

また、この「Particles」系の数値は、自分で新たに定義する事もできます。

f:id:tktknkyo:20180817152921p:plain

左のParameterという部分から、新しく追加することもできるのですが

この一覧には、ColorやScaleなどの他に、Flotなどもあります。

Flotなどで追加する場合、この数値で直接動かすというより

一度変数のような感じに数値を保存しておき、ほかのモジュールで実際に動かす、という処理が可能となります。

 

モジュールからの他に

エミッターのCreateNewParameterという項目からも追加可能です

f:id:tktknkyo:20180817153222p:plain

 

項目の部分でダブルクリックすると、名前の変更が可能です

f:id:tktknkyo:20180817153342p:plain

 

これは、自分が勝手に定義したPositionRandというパラメータ

単体では、何も意味を成しません。

移動距離のランダムを作るために作っています。

Minを0.5、Maxを1にしたばあいには、0.5~1の数値をランダムに持つようになります

 

f:id:tktknkyo:20180817154131p:plain

こちらは、既存のAddVelocityのモジュールの中身に組み込んだ図です

元々Setに繋いである部分を、Multplyに繋ぎ

Getには、先ほど自分で作ったものを入れ込み、これと乗算させます。

こうすると、AddVelocityの数値を定数にしていても、PositionRandの数値をランダムにすれば、移動量にばらつきを出すことが可能です。

 

【ここまでのまとめ】

モジュールを弄って使いやすくする場合は

パラメータの命名規則をしっかりと把握しよう!

 

【最後に】

最後に、何故この様な、態々新しいパラメータ定義した例を出したのか、に付いて。

この段階だと、移動量をランダムにする場合、Velocityを乱数にすればいい、と思う方が居ると思います。

この段階ではそれで全く問題有りませんが、個人的な感想としては

ノードベースなNiagaraの利点があまり生きないのでは?と思います。

 

最後の例で、結局何がしたいのか?と説明すると

「制御用のパラメータを個別に作って定義できる」

ある程度データ作った方だと経験ある方結構居ると思いますが、データが増えてきて場合、調整したいとあった場合、非常に色々な部分を調整する必要が出てきます。

 

その場合に、調整用のパラメータとして、作っておくことが出来る、というのが理由です。

この辺はNPCというのもあるのですが、それは現在色々調べ中なので次の機会にするとして...

パラメータとして持てるものなら、何でも調整出来るというのが、このやり方のポイントで

中心から、外に大量のパーティクルが放出されるエフェクトの場合。中心部分が重なってしまう、となった場合。

移動量を元に大きさを弄ることで、重なりを少なくして、描画負担を軽くしたり、αを弄ることで綺麗に見せたり、そういう事も恐らく可能なのかな、という事です。

(具体的なやり方は、この辺は現在調べ中なのでお待ちください)

 

外部ツールを使うわけでもなく、現段階だとナイアガラの方が情報も少ないと思いますので

折角ナイアガラを使うのであれば、ちゃんと利点を生かして使うことが出来ると良いのでは?と自分は考えます。

 

エフェクト全体として情報少ないという話もあるので、この記事を見てる方もエフェクト関係の情報を出す人が増えてくれればいいな、と考えています。

【UE4】Niagaraを触ってみる

f:id:tktknkyo:20180815131640p:plain

各Ver

UE4:4.20.1

UE4の新しいパーティクルシステムであるNiagara、ある程度触ってきたので、そろそろ記事の方も書いていきたいと思います。

 

【ナイアガラの有効化】

f:id:tktknkyo:20180815132124p:plain

 

プラグインから、FXという項目、もしくはNiagara、と検索すると出てくるので有効にしましょう。

 

Niagaraのデータ】

f:id:tktknkyo:20180815131958p:plain

Niagaraのデータは、コンテンツブラウザの右クリックの、FXという項目の中に入っています。

基本になるものが

・NiagaraSystem(NS)

・NiagaraEmitter(NE)

・NiagaraMouduleScaript(NM)

 

上からシステム、エミッター、モジュール

この三つは、カスケードの頃にあったのと似た様なものだと考えれば大丈夫です

ただ、今回はそれぞれ別々のアセットで保存されます。

f:id:tktknkyo:20180815132833p:plain

現段階では、まだアイコンらしいアイコンは実装されていないので、Niagara系のデータだけでこんな感じになります。

 

これ以外のアセットである

・NiagaraDynamicInputScript(ND)

・NiagaraFunctionScript(NF)

・NiagaraParameterCollection(NPC

・NiagaraParameterCollectionInstance(NPCI)

 この4種類、まだまだ曖昧な部分があるので間違ってる部分もありそうですがわかる範囲で書いておこうかと思います。

※()内は略称です、正式な略称かは不明

 

【NiagaraDyamicInputScript】

直接開くと、NMと似たような構造になっています

f:id:tktknkyo:20180815133539p:plain

グラフの部分はこちらです

一方、NMは

f:id:tktknkyo:20180815133634p:plain

このようになっています

NMにはMapSetというノードが多く、一番最後のOutputが変わっています。

 

重要なのが、どこに使われているのか?という事ですが。

NMの中に入っている様なイメージです。

NEの要素を動かしたりするのに、NMを使うわけですが(移動や大きさ等)

その数値をあれこれするのに使います。

 

カスケードで例えると

例えばLifetimeのモジュール

f:id:tktknkyo:20180815133958p:plain

パーティクルの寿命を設定するためのモジュールになります。

そしてこのモジュールの中の

 

f:id:tktknkyo:20180815134121p:plain

この赤枠の部分、これがNDになると考えると解りやすいと思います。

また、これによって何が便利なのか?というと

NMは、入れる数値の型を指定する必要があるのですが、これを別の型でも使えるようにしてくれます。

 

f:id:tktknkyo:20180815134355p:plain

これはモジュールの一部を写したものですが。この頭にMouduleとある部分は、エミッター上で数値を入れることができます

ただし、この場合上はColorの4チャンネルの情報

その下は3チャンネル、その下は1チャンネルの情報しか入れることができません。

 

このモジュールをエミッターに入れた場合、この様な表示となります。

f:id:tktknkyo:20180815134624p:plain

エフェクト作っている方であれば、解ると思いますが、この場合色ですが、完全に固定の色しか入れれないのは困りものです。

大量に飛ぶ粒子などは、ある程度色のランダム性を持たせると綺麗に映りやすいですし、これは位置などにも言えるので、かなり規則正しい動きになるのは、エフェクトにおいてはあまりよろしくない場合が多いです。

 

このモジュールの数値を入れれる右端に▼マークがあるのですが、ここをクリックするとメニューが出てきます。

そこからUniform Ranged Floatを選択すると、ここの数値の最大値と最小値を指定する事ができるようになります。

f:id:tktknkyo:20180815134938p:plain

f:id:tktknkyo:20180815135211p:plain

 

下の画像の、赤線の部分、これがNDになります

ダブルクリックで、中に入って編集する事も出来ます...が

カスケードと違い、このデータ自体が編集できるアセットになっているので、ここを編集して保存すると、ほかのエミッターで出したときにも、その編集した後になるので注意が必要です。

共同製作の場合、ここをいじる場合、ほかの方の作ったアセットに悪影響が出かねないので、別名で保存するなどの配慮が必要になります。

 

【NiagaraFunctionScript】

こちらは、よくある関数になります、BPやマテリアルにも同様の機能があるので、ここは飛ばさせてもらいます。

 

【NiagaraParameterCollection】

マテリアルにも、似たような機能のある、パラメータコレクションです

パラメータコレクション、という機能自体の説明としては

パラメータコレクションを参照している数値を、全て一律に変えることができる、という感じでしょうか

また、これは動的に変えることも可能です

マテリアルでもあるのですが、マテリアルインスタンスでも動的に変えることができますが最大の違いは、参照してるもの全て同時に変えてしまうということです。

 

マテリアルインスタンスの数値を変える場合、変更するマテリアルのデータを参照して動かしますが、パラメータコレクションはすべて変更してしまいます。

 

f:id:tktknkyo:20180815140819p:plain

こちらが、NPCを変更するための、BPのノードです。

左側のが実際に変更するノードですが、MIDなどと違い、ターゲットのピンがありません。

なので、参照してるもの全てを変更します、軽い気持ちでこの機能で動的に変えてしまうと、変えたくない部分まで変わってしまいます。

 

実用的にNPCを使う場合はどうしたら良いかな?と考えたのですが、モジュールなどに入れるのがいいのかなと。

動かす内容としては、動的に動かすのではなく、全体を一律に調整できるパラメータとして使ってみよう、というわけです。

 

まずは、モジュールにNPCを適用する方法を。

 

f:id:tktknkyo:20180815174921p:plain

NPCアセットを作ったら、右の方にある、AddParameterから、パラメータを作ります、名前もとりあえずつけておきましょう。

 

f:id:tktknkyo:20180815175118p:plain

モジュール側で作ったNPCを追加する場合は

ParameterCollectionの右にある+のマークから、追加していきます。

MapGetのノードから追加することも可能です。

 

f:id:tktknkyo:20180815175312p:plain

このように追加されれば大丈夫です、あとは、ここからの数値が、常にNPCで設定した数値になるようになります。

 

長くなりそうなので、実際の数値の運用関係は次の記事で纏めます。

 

 

Niagara Parameter Collection Instance】

所謂、NPCインスタンス版、だと思うのですが、これに関しては色々試そうとしたもののあまりわかっていないのが現状です...

 

というのも、NPCをセット出来るところでも、基本はセットできない作りになっているようです

モジュールなどの入れる場所で、NPCが入るところにそのままでは入れれないようです。

 

また、BPでNPCを操作できるノードがありますが、ここにNPCIが入る事もできないようです。

 

 このアセットの運用については、今のところ調べてみようかなと思っています。

具体的な動かし方等は、次以降の記事で書いていきたいと思っています。